注文住宅(兵庫・神戸)の工務店ならホームアップトップへ ->  リノベーション工事施工例

解体してみると驚きの・・・

ホームアップ実績(24年2月施工)


【こだわりのポイント】

今回は神戸市の山手にある閑静な住宅街に佇む築20年のマンションの改修工事を行いました。月日と共に家族構成や生活スタイルの変化に伴ってのリフォーム計画です。内部は丁寧に使われていたのか程度は良かったですが、これからの時を好みの空間で過ごしたいということでまたまた、我が匠の出番です。計画では和室をリビングに一体化させて広めのLDKにすることでした。元々はご主人様の奮闘のおかげで和室も床にクッションフロアーを綺麗に敷き詰めて和室には見えないようにされていました。しかし、敷居や壁・天井はいかんせん、どうしようもなく和室仕様のままでした。それで今回は、本格的に和室をなくしてLDKを広げる計画となりました。また、内装仕上げは出来るものは全て白、白、白とお施主様の強いご要望でした。お話を伺っているうちに段々とイメージが沸いてきて、これは楽しみな工事になるぞ!気合を入れねばってことで匠も強い決意を持って準備に入りました。

【プランニングでのポイント】
一番のポイントはしろ、白、ホワイトです。サッシ以外全て白、天井も壁も床も全て白です。
このお客様の白へのこだわりは半端じゃありません。そういわれては匠としては燃えてきます。
なんとしてもこのお客様の夢の実現のために一肌脱ごうじゃありませんか!とひそかに
燃えておりました。ただし問題になってくるのは床です。天井や壁は白のクロスはたくさん種類も
あり、選択肢は多いのです。ただ床についてはそうは問屋がおろしません。

苦肉の策として旧和室部分に隣接するリビングと同じように防音フローリングを貼ってからフロアタイル
仕上げとすることにしました。えっ、何でそんな無駄なことするのかって聞こえてきそうですが、
フローリングは隠れるところなので半端な在庫品(フローリング材は1坪の箱単位でしか売っていないので半端が出ます。その場合、通常は廃棄処分することが多い)を使って、防音対策を施した上でフロアタイルを
貼ります。物は新品ですが廃棄されるところを使いますので地球にも優しく財布にもやさしい、そして
匠にとってもありがたい三方両得の方法です。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
お客様と打合せしていくうちにあるイメージが湧いてきました。
   それは”カフェ”
壁・天井・床・細部を決めていくうちに繋がってきました。
折角ならと照明にも少しこだわりを持たせてみてはどうかということで
通常のシーリング(部屋の真ん中あたりに付ける照明)ではなくコンセントレール(天井付近にカーテンレールのような
物を取り付けてそのレールに好みで照明の数や角度を変えられる)を採用しました。
また、床についてもやはり白ですのでフロア材では好みの白は無かったのでフロアタイルにて
選んでいただくことにしました。フロアタイルは優れもので、いろんなデザインがあり、例えば石調であったり
無垢材調であったり、クッションフロアのビニールっぽい風合いとは一味も二味も違います。
表面の凹凸もそれなりにあって限りなく本物っぽいのです。それでいて水にも強いので使う場所も
選びません。とても優れものです。

【施主様の喜びの声】
お施主様のお喜びの声以前から夢見ていたリフォームをようやく実現できました。
 当初、和室の天井はリビングの高さと合わせるだけの予定でしたが解体してみるとそこには高い天井が広がっており、今までのマンションならではの天井高さとはおよそ無縁の世界がありました。そこで相談してみると二つ返事でOKしてくださりリビングも含めた天井の高さを上げることにしました。そうしてリビングの天井も無くなってみると
そこには驚きの・・・
そうです、電線がたくさんありました。まあなんというかくもの巣のようにあっちからもこっちからも電気の線がいったりきたり。いったいこの電気の線はどうなるのだろうか。天井を高くして欲しいと無理を言ってみたものの少し不安になりました。
 翌日電気の職人さんがお見えになり、次々と電気の線を整理して最後には見事にくもの巣のごとくの線がなくなりました。すごい!やはりプロは違うなって思い知らされました。

次に壁の問題です。いままで見えていた壁より上は(天井があがることにより)壁が無かったのです。これも職人さんが次々にいろんなやり方で作っていき、壁が出来上がりました。手際といい仕上がりといい満足です。そんなこんなでいろんな課題がありましたが次々と課題をクリアして私たちのどうなるのだろうという疑問?不安?を解決していってくれ、最終的には素晴しい空間が出来上がり、感動しました。

これぞまさしく思い描いていたイメージどうりに出来上がった。と喜んでおります。一つ一つの作業の丁寧さももちろんですし、一日の作業が終わった後の掃除や整理整頓は匠の性格が出ていましたね。住みながらの工事でもあったので気持ち良かったですね。友人も工事中から見ていて次に工事するときには是非紹介してねって言ってもらい少し鼻が高い気がしました。本当にありがとうございました、大切に使わせていただきます。また、近くにお越しの節にはぜひお立ち寄りください。

 

築50年の木造アパートが・・・

ホームアップ実績(23年11月施工)

【こだわりのポイント】

今回は神戸市の人気エリアで閑静な住宅街に佇む築50年の木造アパートの改修工事を行いました。以前、震災後に修理はされておりましたが、いかんせん外観や基本設備は建築当時を踏襲したものとなっており、今の時代にはミスマッチとなっておりました。建替えや売却等、検討した結果リノベーションを行う事になりました。そこでまず、古築年の建物を現在の耐震基準にまで引き上げることから考えました。そして周辺環境と調和した最新の設備を取り入れ、更に環境にも配慮した上で、住み心地を追求するという多くのテーマを持った形で進めることとなりました。


【プランニングでのポイント】
まず、階段が道路ぎりぎりまで伸びており、また手摺の高さも低く、視覚的にも体感的にも恐ろしい階段でした。そこで思い切って向きや配置を換えて安心して登り降り出来る階段としました。また廊下手摺も低いものから少し高さを上げ、意匠変更も行いました。外観は耐久性と機能に優れ、石張り風に見えるサイディングを採用したため、見事に周辺環境に調和する外観となりました。更に共用部照明をLEDにするなど省エネにも配慮し、まさに環境にやさしい建物へと生まれ変わりました。

【仕様・設備へのこだわりのポイント】
浴室換気乾燥機やシステムキッチン・手入れのしやすいユニットバスなど基本性能のしっかりした設備を導入しました。また、玄関キーを2ロックとしたり、共用側の窓は防犯性能の高いサッシを採用する等、安心出来る住まいとなりました。

【施主様の喜びの声】
お施主様のお喜びの声
はじめは建替えや売却も検討していたのですが、最終的にはホームアップさんにリノベーションをお願いすることにしました。当初は築50年の建物なのでそれなりにしかならないだろうと思っておりました。

 工事が始まり程なくすると、2階の床が4センチ下がっており、その原因を調べてもらうと、下部の柱はことごとく腐っていて、宙に浮いた状態でした。なんとその数16本。驚きのあまり声も出ませんでしたがその状態を見てみると、素人目に見てもいつ崩れてもおかしくない状態だと分かりました。
 そんなときでも長井さんは『大丈夫です、きっちりと直して安心できるようにしますから!』と笑顔で答えてくれて少しほっとしました。
 後日見てみると痛んだ柱は新しいものと取り替えてあり、また、下がっていた2階もきっちりと持ち上げて修正されてありました。また、耐震金物もしっかりと入れてあると教えてもらって、とても安心し、胸のつかえがスーッと楽になりました。

 やはり契約のときに『私たちは見えなくなるところこそ、きっちりと工事しますからいつ現場を見ていただいても構わないですよ。お時間の許す限り、見に来てください。』とおっしゃっていただいたことを思い出し、ホームアップさんに頼んで良かったなあと思いました。

 そして、完成した出来栄えもとても満足しています。あの築50年の建物がこんなに素敵に生まれ変わるなんて想像もつきませんでした。今では前の面影も無く、リノベーション工事をホームアップの長井さんにお願いして本当に良かったと思いました。それにご近所の方たちからもたくさん褒めていただいて本当に喜ばしい限りです。そして見積にも無かった工事をたくさんしていただいたにも係らず、一切の追加費用なしで収めていただいたホームアップさんには感謝の気持ちで一杯です。本当に信頼のできる業者さんであり、まわりにも安心してお勧めしたいと思います。ホームアップの長井さん、仕事してくださった職人の方々本当にありがとう御座いました。



今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

お問合せ・ご相談

注文住宅(兵庫・神戸)の工務店ならホームアップトップへ ->  リノベーション工事施工例
資料請求 株式会社ホームアップ

Facebookページも宣伝